1. Home
オフィスに座ってコンピューターのモニターに向かっている2人のエンジニアは、NXソフトウェアを見て製品開発を加速させています。

自動車デジタル・スレッド

製品開発を加速

初回から、製品を正しく設計できます。シーメンス独自のソリューション・セットを使用すれば、迅速な製品開発が実現します。複数の製品を組み合わせることにより、製品のライフサイクル全体をシームレスに管理し、必要なデータ、情報、機能をすべて統合します。

製品設計を加速

複雑な機能を開発するには、開発サイクル全体を通して、すべてのエンジニアリング領域が緊密に連携しなければなりません。緊密に連携されていないと、古い情報や誤った情報に基づいて設計プロセスが進んでいきかねず、試作段階までエラーが見過ごされる可能性があります。

リソースのサイロ化を解消

システム、ユーザー、データを統合することが重要です。

95%

改善

コンセプト段階から製品の検証段階、実稼働段階にいたるまで、要件、目標、問題に関するリソースが共通化されるため、データの精度が最大95%改善します。

80%

作業時間の短縮

実際のデータを使用して最適な設計案を事前に選択し、多数の構成情報を自動的に評価できるため、CAE解析にかかる時間が最大80%短縮されます。

50%

開発期間の短縮

導入前にすべての領域で設計変更をシミュレーションすることで、ソフトウェアとハードウェアの同期を常に維持し、開発期間を半減させます。

製品開発を加速

デジタル・バックボーンの構築

製品の定義設計からコンセプト段階、開発段階、検証段階にいたるまで、開発プロセス全体を通して、機械設計、電子設計、電気設計が統合されます。

デジタル・バックボーンを構築するには、3つの重要なパスがあります。どこから始めるかは、デジタル環境の成熟度によって異なります。

シーメンス製品でOEMの製品開発を加速

95%

シーメンス製品の使用率

車載電子制御ユニット (ECU) サプライヤーの上位95%の企業が、シーメンスのソフトウェアを使用しています。

23

自動車OEMの上位23社

グローバルな自動車OEMの上位23社が、Siemens Xceleratorを採用しています。

20

EV企業の上位20社

電気自動車企業の上位20社が、Siemens Xceleratorを使用しています。

ユーザー事例

日産テクニカルセンター・ヨーロッパ

数々の賞に輝く自動車を記録的な速さで作り上げる
Case Study

数々の賞に輝く自動車を記録的な速さで作り上げる

会社:日産テクニカルセンター・ヨーロッパ

業界:自動車 / 輸送機器

開催場所:ベッドフォードシャー州、クランフィールド, United Kingdom

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:NX, Simcenter 3D Solutions, Teamcenter

日産にとっての最適なソリューションは、Teamcenterソフトウェア、NXソフトウェア、Simcenter 3Dソフトウェアです。新しいQashqaiの開発にこの環境を使用したことで、サプライチェーン全体のコラボレーションが向上して作業期間が短縮され、品質管理業務が改善されました。エンジニアも、これまでにないレベルで能力を発揮できるようになりました。
David Moss氏、, 車両設計開発担当バイスプレジデント、, 日産テクニカルセンター・ヨーロッパ
製品開発を加速

シーメンスのリソース・ライブラリを活用

シーメンスの製品開発ソリューションでイノベーションを促進し、企業全体の生産性を上げることにより、収益が最適化されます。

生産計画・スケジューリング担当者が、作業現場でタブレットを手にして立っています。ヘルメットと保護ヘッドホンを着用しています。

製品開発を加速させるソリューション

製品ライフサイクル管理

要件管理と検証管理

電気システムと電子システムの開発

電子システム設計

性能エンジニアリング

FAQ

製品開発プロセスを加速するにはどうすればよいですか?

シーメンスの各種ツールとソリューションを使用すれば、製品開発プロセスが加速します。これらのツールとソリューションは、自動車メーカーが製品開発プロセスをスピードアップできるように設計されています。さまざまなソフトウェア・ツール、シミュレーション機能、テスト機能、データ管理ソリューションが付属しています。

コンセプト段階から実稼働段階までのデータフローをどのように追跡するのですか?

データフローを追跡するには、複数のチームが同期した状態で作業できるデジタル技術を導入する必要があります。これにより、あるメンバーが加えた変更がすべてのメンバーのデータに反映されます。信頼性の高い唯一の情報源により、すべてのメンバーが最新の情報にアクセスして、いくつもの設計案の生成、探索、評価をすばやく自動的に行うことができます。これにより、コストのかかる物理試作回数を減らせます。また、目標と要件を満たす最適な構成を最短時間で特定できます。

設計探索プロセスを加速するにはどうすればよいですか?

設計探索プロセスを加速するには、コラボレーション機能を持つシミュレーション環境を使用する必要があります。複数の設計案が自動的に生成されるため、規制に準拠した最も競争力の高い構成を特定できます。

開発段階を通して、車両がすべての要件を満たしているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

最適な設計を特定した後も、状況は常に変化します。そのため、設計変更による影響をすべての領域で継続的に把握する必要があります。コンセプト段階、設計段階、最初の物理試作の構築フェーズにいたるまで、製品設計を継続的に検証することにより、製品がすべての要件と目標を満たしているかどうかを確認できます。

お気軽にお問い合わせください。

質問やコメントをお寄せください。シーメンスにお任せください。