1. Home
エンジニアは、機械の設計に先進的な生産/工作機械エンジニアリング・ソリューションを使用します。

産業機械のデジタルツイン

先進的な生産/工作機械エンジニアリング

産業機械メーカーは、先進的な機械設計ツールを必要としています。このツールを使って、機械、電気、ソフトウェア、オートメーションに関するすべての情報を網羅した機械のデジタルツインを作成し、プロジェクトを効率よく予定どおり完了させる必要があります。

先進的な生産/工作機械エンジニアリングでスマートな機械を開発

今日の機械メーカーは、高度にカスタマイズしたスマートな機械を短期間で製造することを求められています。シーメンスの先進的な生産/工作機械エンジニアリング・ソリューションを使用すれば、次世代設計ソフトウェア、機械設計用のデジタルツイン、統合デジタルツールによって、プロジェクトを効率よく予定どおりに完了できます。

高度な機械設計の未来を受け入れる

顧客が求めるスマートなコネクテッド・マシンを迅速に生産できるように、今こそ、機械メーカーは作業プロセスをデジタル変革させるべきです。

10%

設計期間を短縮

いつでも、どこからでも各領域をつなげるコラボレーション型設計で、市場投入期間を短縮します。(Tronrud Engineering)

15%

生産性を向上させる機械

設計プロセスの早い段階からシミュレーションを活用して、騒音、振動、エネルギー消費を抑えた、より生産性の高い機械を設計・製造します。(Picanol)

20%

製品技術情報の検索にかかる時間を短縮

製品情報を一元的に管理・共有することで、検索や参照が効率化し、CADデータ管理に費やす時間が短縮します。(Biesse Group)

機械設計ソリューション

機械設計プロセスを改善

次世代機械を確信をもって開発できるようになります。高度な機械エンジニアリングは、設計、開発、試運転にデジタルツインを活用するため、設計プロセスを加速し、機械の性能の妥当性を実証することができます。

製品要件とプロジェクト要件の情報を一元的に管理することで、コラボレーションを強化し、設計の再利用を促進します。機械メーカーやOEMは、余分なコストをかけずに進捗状況を可視化させ、生産性を向上させることができます。

  • プロジェクト管理と要件管理を設計と統合する
  • 出勤中の従業員とリモートワーク中の従業員をコラボレーション環境で連携させる
  • すべてのチームメンバーが業務に必要な情報にアクセスできるようにする

シーメンスのソリューションを使用する機械メーカーが得られるメリット

25%

迅速なコラボレーション

統合ソリューションで、リモートワーク中の従業員と出社している従業員を迅速につないで連携を促進し、設計変更を合理化します。(Schlatter)

20%

試作回数を削減

Simcenterの設計シミュレーションを使用することで機械の精度を高め、時間とリソースを節約しながら、試作の必要性を減らします。(Ronchi Mario)

30%

リードタイムを短縮

一貫性のある自動化したワークフローで意思決定を効率化し、機械製造プロセスを最初から最後まで加速します。(Anger Machining)

ユーザー事例

Solu-Tech

Solu-Techは、シーメンスのソリューションを使用して機械を設計し、仮想的にテストしています。

Solu-Tech designs and virtually test machines and production lines with Siemens Digital Industries Software solutions
Case Study

Solu-Tech designs and virtually test machines and production lines with Siemens Digital Industries Software solutions

会社:Solu-Tech

業界:産業機械

開催場所:Rosheim, Alsace, France

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:NX, Solid Edge

機械のデジタルツインのおかげで、設計選択がより迅速になり、チーム間のコミュニケーションもはるかにスムーズになりました。設計段階で節約できた時間を使って、お客様との試運転の前に、機械の設置を仮想的に検証することができます。
Bruno Velten氏, CEO, Solu-Tech
先進的な生産/工作機械エンジニアリング

シーメンスのリソース・ライブラリを活用

先進的な生産/工作機械エンジニアリングを使用して、相互接続が可能な次世代のスマートな産業機械の開発を始めましょう。

先進的な生産/工作機械エンジニアリング

利点を理解する

デジタルツインは、現実世界とデジタル世界の溝を埋めることで、あらゆる業界で洞察を深め、パフォーマンスを最適化し、イノベーションを促進することができる強力なフレームワークを提供します。

Product lifecycle management

Comprehensive automated design

Machine automation engineering

Performance engineering

Low-code application development

E/E systems development

よくある質問 (FAQ)

先進的な生産/工作機械エンジニアリングにより、企業は次世代の設計ツール、クローズドループのデジタルツイン、統合プロジェクト・デリバリ・ソリューションを手に入れることができます。これら3つのツールにより、サイロ化を解消し、より迅速に検証して、これまでより多くの受注に対応することができます。

先進的な生産/工作機械エンジニアリングのシミュレーション機能を使って、企業は機械のエネルギー使用量や製造過程で出る廃棄量をデジタルツインで可視化できます。この情報に基づいて設計者は機械を製造する前に微調整し、設計の持続可能性を最適化することができます。

先進的な生産/工作機械エンジニアリングは、より多くの企業がデジタル変革するのを後押しすることで、インダストリー4.0の形成に貢献しています。データをつなぎ、視覚化し、製品をより迅速に市場投入させる技術ソリューションは、今日の競争環境を生き抜くために欠かせません。

機械設計エンジニアリング、つまりエンジニアが機械を設計、製造、試運転する手法は、絶えず進化しています。次世代の機械設計は、機械、電気、電子、ソフトウェアの各領域を単一の設計プロセスに統合します。統合によって可能になるコラボレーションによって、モジュール型の機械設計アプローチが実現します。

機械設計は、生産の収益に直接影響します。製造を考慮した設計 (DFM) は、製造のしやすさを最適化し、生産コストを削減しながら、設計要件を満たすエンジニアリング手法です。適切なコンポーネント、部品、材料の選択から効率的なケーブル配線まで、すべての設計判断が生産の収益に影響を及ぼします。製造可能性を考慮して設計する機械メーカーは、競合他社よりもコスト効率のよい高品質の製品を素早く着実に市場投入できます。

Siemens Xceleratorポートフォリオに含まれるNXは、機械メーカーに次世代の設計ツールを提供します。複数の領域を一貫した単一の環境に統合することで、より緊密なコラボレーションを実現します。その結果、機械をより迅速に視覚化して検証し、プロジェクトの納期を短縮できます。

見る

ビデオ | 先進的な生産/工作機械エンジニアリングで他社の先を行く

オンデマンド・ウェビナー | 次世代機械の開発に着手

ビデオ | STiMA、シーメンスのソリューションで生産を最適化

聴く

ポッドキャスト | クラウド版Teamcenter X SaaSソリューション

ポッドキャスト | Teamcenter XとAWSによるセキュアなクラウド・インフラ

ポッドキャスト | 機械メーカー向けPLMでETOとCTOの課題に対処

読む

電子ブック | デジタライゼーションで機械設計を加速

電子ブック | 機械設計の統合的なアプローチ

ホワイトペーパー | 機械メーカーに加速的な変化をもたらす技術イノベーション

お気軽にお問い合わせください。

質問やコメントをお寄せください。いつでもサポートいたします。