1. Home
統合型エンジニアリング・ソフトウェアを活用

産業機械のデジタル・スレッド

部品製造の新製品導入

製品の立ち上げを改善して、高い収益を実現します。シーメンスの次世代新製品導入 (NPI) ツールを活用して、収益性が高く構成可能な高品質部品をより迅速に設計し、市場投入します。製造効率を向上させながら、製造コストを低減します。

どうすれば部品製造を加速できるでしょうか?

部品メーカーは、産業機械の変化に迅速に対応するために、製品ライフサイクルの全期間を通して統合型エンジニアリング・ソフトウェアを活用する必要があります。シーメンスのソリューションが提供する強力なデジタル機能を使えば、品質、コスト、エネルギー要件のバランスを取りながら新製品導入の一貫性を高めると同時に、設計を拡張して市場投入期間を短縮することができます。

部品製造プロセスを最適化

知識の共有を強化し、部門間でプロセスを標準化して、新製品開発におけるコラボレーションと連携を促進します。コストや時間、無駄なリソースを削減しながら、生産量を増やします。

お客様がシーメンスのソリューションを使用して何を達成しているのかご覧ください。

20%

プロジェクト実行時間の短縮

NXとTeamcenterを使用して生産性を向上させ、プロジェクトの実行時間を20%短縮し、エラーの報告を減らします。(Burckhardt Compression)

2X

目標コスト計算のプロジェクト

製品コスト管理ソフトウェアを使用して、信頼性の高いコスト比較を作成し、目標コスト計算で処理するプロジェクトの量を倍増させます。(Festo)

0

ドキュメントの重複

ドキュメントの重複をなくします。最初の注文から、ERPシステムへの完全なBOMの納品まで、製品開発を管理します。(Gate)

新製品導入ソリューション

エンジニアリング・プロセスを改善

迅速な製品設計、開発、納品を実現する最も重要なソリューションを組み合わせた統合型のシステムを活用します。

部品製造のNPIの3つの主要分野を探索します。シーメンスのソリューションは、各分野のニーズを満たすように開発されています:

ダイナミックかつ合理的な環境で最適な設計を実現する新しいアプローチを発見しましょう。新製品の設計を可視化して共有、検証するための 3Dデジタルツインをすばやく開発します。製品開発を加速しながら、トレーサビリティとコンプライアンスを確保します。

  • 変化する顧客要件に照らして内部要件のバランスを取り、検証
  • デジタルツインを使用してチームの枠を超えた可視性を改善し、市場投入期間を短縮
  • 製品のバリエーションがコストと持続可能性に与える影響を可視化

シーメンスのツールで部品製造を加速

お客様がシーメンスのソリューションで部品製造プロセスをどのように変革しているのかご覧ください。

早期に設計精度を確保

プロセスの早い段階に正しい設計判断を下し、複雑な設計をより早く完成させます。(Werner Weitner)

オペレーションを効率化

製品開発プロセスをグローバルに管理して、オペレーション効率を劇的に向上させます。(Bonfiglioli)

最適化されたCADジオメトリを作成

機械部品の最適なCADジオメトリを実現します。(Studio Tecnico Zocca)

ユーザー事例

Marquardt Group

Marquardt Group enhances product costing processes using Teamcenter
Case Study

Marquardt Group enhances product costing processes using Teamcenter

会社:Marquardt Group

業界:自動車 / 輸送機器, Electronics, Semiconductor devices

開催場所:Rietheim-Weilheim, Germany

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア:Teamcenter

「透明性を改善し、精度の高いコスト情報を提供してくれるTeamcenter製品コスト計算ソリューションは、すべての部門とプロジェクト・チームに高く評価され、受け入れられています。」
Karl Müller氏, 製品設計ディレクター, Automotive Marquardt
新製品導入を加速

シーメンスのリソース・ライブラリを探索

製品導入を加速して完璧な製品立ち上げを実現し、高い収益を上げることができます。

コストを増加させずにバリエーションを管理します。

新製品導入を加速するソリューション

包括的なデジタルツイン

製品データを統合

品質を製造に統合

製品コスト管理

要件管理と検証管理

性能エンジニアリング

よくある質問 (FAQ)

新製品導入プロセスとは何でしょうか?

新製品導入 (NPI) は、製品のアイデアを、完全に再現可能な最終製品に変換するための、構造化されたプロセスです。統合型のNPIプロセスは、モジュール式の構成可能な設計アプローチに対応し、製品ポートフォリオが市場の需要を確実に満たすようにします。

製造効率を改善するにはどうすればよいですか?

部品製造プロセスを改善するには、デジタル化が不可欠です。シーメンスのクラウドベース・ツールを使用すると、事業の効率、速度、収益をさらに改善することができます。デジタルツインは、設計、製品計画、カタログ作成、製造領域を含むすべての製品データを一元的に表示します。これにより、製品開発目標に合わせて調整し、プロセスを標準化して一貫性を高め、より高い品質を確保できます。各領域を強化し、変化する顧客要件に照らして社内ニーズのバランスを取って検証できるため、迅速な計画、スケジューリング、実行、市場投入が実現します。

製造コスト削減のアイデアにはどのようなものがありますか?

シーメンスのデジタル・ソリューションを活用して、ライフサイクルの早い段階にコストを削減し、部品製造で 製品の収益性を制御します。クラウドを利用してサプライチェーン・ベンダーや流通ネットワーク・パートナーと早期につながり、外部コスト支出を効果的に把握して制御します。デジタルツインを使用して、エネルギー使用を削減し、コスト効率が高く持続可能な材料を実装します。

製造コストを低減するにはどうすればよいですか?

シーメンスのデジタル・ソリューションを使えば、製造コストを低減して、事業の利益率を高めることができます。シーメンスのソリューションは、コスト管理と設計、品質、製造、バリエーション管理を、堅牢で安全なクラウド・インフラストラクチャに統合して連携します。コスト・エンジニアは早い段階からコラボレーションできるため、コミュニケーションの行き違いが減ります。このため製品開発を、利益率が高く持続可能な選択肢に集中させることができます。製品の信頼性を高めてリピート注文の収益を確保します。コードを再利用して迅速にカスタマイズし、拡張します。これにより、これまで以上に収益性の高いコミッション要求に対応できます。

製造品質を改善するにはどうすればよいですか?

機器・部品メーカーは、品質を第一に考えて、製品ライフサイクル管理 (PLM) と統合された品質管理システム (QMS) を使用しています。QMSは、それ自体で製品の欠陥や不適合を追跡できると同時に、生産が規制、保証基準、品質管理プロトコルに準拠しているかどうかを確認できます。品質システムと新製品導入開発を統合することで、メーカーはより高品質の部品を生産できるようになります。

詳細情報

見る

ビデオ | 完璧な製品立ち上げを実現して、高い収益を上げる

オンデマンド・ウェビナー | CADとクラウドで設計エンジニアリングを加速

ビデオ | 部品メーカー向けPLMの利点

聴く

ポッドキャスト | 産業機械のデジタル・トランスフォーメーション

ポッドキャスト | 実行可能なデジタルツイン: 機械のためのスマートウォッチ

ポッドキャスト | デジタルツインに命を吹き込む - MxD、Daniel Reed氏

読む

電子ブック | 適切なデジタルツールで新製品導入を加速

ケーススタディ | Teamcenterで目標コストを特定

インフォグラフィック | 市場投入期間を短縮し、製造の生産性を改善

お気軽にお問い合わせください。

質問やコメントをお寄せください。いつでもサポートいたします。