こちらのページは日本語に自動翻訳したものです。 元の英語を表示しますか?
この翻訳は役に立ちましたか?

安全性試験

ISO 17025認定ラボと試験施設を使用して、社内でさまざまな試験を実施できます。

認定試験へのアクセス

シーメンスのISO 17025認定試験センターは独立機関として、ヘルメットから完全な拘束システムまで、多岐にわたるセーフティ・コンポーネントとシステムの試験を手掛けています。開発試験に加え、製品が国際基準を満たしているかどうかを最終的に検証する独立したプロセスも提供しています。

特定のセーフティ・コンポーネント試験に加えて、車両全体の安全性試験を行っています。30年以上の経験を持つシーメンスは、さまざまなパッシブ/アクティブ・セーフティ・システムを開発、エンジニアリング、試験、検証するためのシミュレーション・ソフトウェアと補完的な知識およびツールを提供しています。シーメンスのフル装備の試験施設では、屋内外を問わず、幅広い自動車関連試験を実施できます。 

コンポーネント試験施設の画像。

パッシブ・セーフティ試験

フルスケールの自動車衝突試験

乗用車と大型車を対象に、従来の駆動系と、電気・ハイブリッド駆動系、その他の代替燃料による、すべての試験モードを実施します。シーメンスの自動車衝突試験施設の外にある屋外試験場では、道路照明灯や道路標識などのロード・ファニチャー試験を実施しており、この試験の認定試験施設にも指定されています。シーメンスの屋内テストトラック (全長160メートル) では、温度管理された条件下ですべての試験を完全に機密を守って実行できます。

Our testing facility with a 160-meter track performing full-scale car crash testing.

航空座席の衝突試験

オランダのヘルモントにあるシーメンスのISO 17025認定試験所は、自動車衝突試験に加えて、航空座席 (航空機と乗務員用座席を含む) の衝突試験を行うための認可を受けています。試験には、シーメンスの衝突試験用スレッドを使用します。シーメンスの試験場は、さまざまな航空機メーカーや航空当局から推奨されています。

航空座席の衝突試験に使用される機器。

衝突試験用スレッドを使った衝突試験

衝突試験用スレッドは、乗員拘束装置や自動車・航空機の座席、その他あらゆる自動車内装部品を、サブコンポーネント試験または完全なボディ・イン・ホワイト (BIW) 試験で検査するためのシミュレーターです。革新的な推進システムにより、むち打ち試験のような非常に複雑な試験のセットアップも可能になりました。パルス精度と再現性に優れているため、効率的かつ正確に試験を進められます。クローズドループの加速制御により、抜群の周波数応答と再現性を持つ最適なパルス適応品質を保証します。最大積載量3000kgで、完全装備した乗用車からトラックの運転席まで幅広く対応します。

Executing the inverse crash test for occupant restraint systems, vehicle and aircraft seats, and all other interior vehicle components.

歩行者保護試験

試験担当者は、歩行者と乗員の両方の安全性を考慮する必要があります。オランダのヘルモントにあるシーメンスのISO 17025認定試験所では、専任チームがあらゆる歩行者保護試験に対応しています。一連の衝撃試験を通じて、対人事故時の負傷リスクを排除します。成人と子供の歩行者の頭部、上肢、下肢に対する衝撃試験を時速40キロまで実施できます。すべての試験はユーロNCAPのプロトコルおよびUNECE規制に基づいています。

歩行者保護試験に使用される機器。

大型車の衝突試験

大型車は、十分なスペースと広範な知識の両方を必要とするため、テストが困難です。シーメンスはへルモンドで、35年以上にわたって大型車の衝突試験を実施しており、本格的な乗員の衝突試験だけでなく、センサー試験も実施しています。以下を提供しています。

  • 試験モードの開発から試験の実行、試験解析まで、充実したサービス
  • 最大総重量は28トン、最大時速40キロの大型車両試験
  • ガードレール試験や転覆試験などのセンサー試験

チャイルド・シートの試験と認証

スウェーデン向けプラスパルス試験

グループ1または2の後ろ向きチャイルドシート (CRS)、あるいはi-sizeの後ろ向きチャイルドシートをスウェーデン市場向けに開発しますか?スウェーデン市場向けには、スウェーデンの標準検査であるプラスパルス試験が補足テストとして実施され、車が正面衝突したときに、子供の頭部に生命の危険を伴う力がかかることのないよう十分検査します。このテストは、通常より高速であること、制動距離が非常に短いこと、頸部荷重の計測が含まれるという点で通常の欧州各国のテストとは異なります。こうしたテストはヘルモント (オランダ) にあるシーメンスの安全性試験施設で実施できます。

Executing the Swedish plus pulse test to ensure that a child is not exposed to life-threatening high-headed forces.

UN ECE (国連欧州経済委員会) 試験

シーメンスでは、安全基準ECE R44とともに新しい基準ECE R129 (i-Size) に照らしたテストを実施できます。あらゆる種類の前向き/後ろ向きチャイルド・シート (CRS: Child Restraint Systems) やキャリーコット、ISOFIX取付装置、シートベルトシステムを安全基準ECE R44とECE R129に照らして製品の適合性や製造プロセスの適合性、拡張性をテストし、その他の実験的試験も実施します。すべてのダミー人形「Q」が利用可能で、最新の各種規制に対応しています。

Our test center, where we perform testing against the ECE R44 standard.

チャイルド・シートの試験と認証

広範な安全性試験と認証により、市場投入までの時間を短縮します。シーメンスの安全性試験施設は、50年以上にわたり培ってきたチャイルド・シート (CRS: Child Restraint System) に関する専門知識とともに、最新の試験装置を備えています。前面、後面、側面の動的衝突試験におけるECE R44およびECE R129の安全基準適合のための包括的な試験セットアップが、シーメンスの試験施設で使用できるようになりました。スウェーデン向けプラスパルス試験、事前消費者テスト、製造プロセスの適合性 (COP) の実施を想定した、包括的なチャイルド・シート (CRS) テストを提供しています。ヘルモント (オランダ) にあるシーメンスの安全性試験施設は、E4 RDW、E1 KBA、ISO 17025の認定を受けています。

チャイルド・シートの試験と認証のための機器

事前消費者テスト

最近は欧州各国では、チャイルド・シートを市場に出す準備ができると、消費者団体によってさらに広範な消費者検査が実施される場合があります。消費者団体が実施する検査は、ECEで求められる基準よりもさらに厳格です。動的試験に対応したシーメンスの事前消費者テスト (PCT) ソリューションには、

前面衝突 - このテストは、適切に補強された車両構造 (フォルクスワーゲンのPolo) を使って時速72kmで頑丈な衝突壁に衝突させます。前面衝突テストは、衝突壁に対する衝撃と同じ衝撃を与える衝突試験用スレッドに載せてテストします。

側面衝突 - HIC (頭部傷害値)、頭部と胸部の加速度、頸部にかかる力とモーメント、頭位置のずれを測定して動的試験結果を計算します。

ヘルメットの試験と認証

回転エネルギーの吸収

外傷性脳損傷の研究から、人間の脳は純粋な並進運動よりも回転運動に弱いことがわかっています。世界中のヘルメットの専門家により、回転エネルギーの吸収を評価できる最先端の試験方法が開発されています。シーメンスの試験所では、これら最先端の方法に基づいてヘルメットの試験を実施する最新の技術を導入しており、

高速映像解析やレーザーによる人頭模型 (ヘッドフォーム) の位置測定、無線データの取得によって、高精度で再現性の高い試験が可能です。シーメンスの専門家が、激しい回転加速によって起こる脳損傷に対する安全ヘルメットの保護レベルを評価します。シーメンスはヘルメット・メーカーと協力しながら最高の頭部保護の実現に取り組み、ヘルメット試験の新時代を迎えています。

A helmet testing at our laboratory which is equipped with the latest technology.

実験および開発試験

シーメンスの試験所では、ベンチマークテストやホモロゲーションテスト以外に、実験や開発のヘルメット試験も実施します。シーメンスの専門家が、軍用や警察用の弾道ヘルメットの試験だけでなく、さまざまな衝撃速度や、高速ビデオ撮影、さらには3Dなどを駆使した完全カスタマイズのテストプログラムの開発も支援します。

Different types of helmets.

レジャーヘルメットのホモロゲーション

個人用保護具 (PPE: Personal Protective Equipment) の試験では、製品が必須健康安全要求事項 (EHSR: Essential Health and Safety Requirements) を満たしていることを確認します。オランダのヘルモントにあるシーメンスの試験およびホモロゲーション施設では、EN1077 (スノーボードおよびスキー用ヘルメット)、EN1078 (自転車用ヘルメット)、EN1080 (子供用ヘルメット)、EN1385 (ウォータースポーツ用ヘルメット) など、EN規格に準拠したヘルメットの試験が可能です。シーメンスの試験所では、このようなヘルメットの衝撃吸収性や設計要件、保持具 (強度と有効性) を試験しています。

A man wearing skiing gear skiing.

S-EPAC用のヘルメット試験

S-EPAC (スピードeバイクやスピード・ペデレック・エレクトリック・バイク) は、原動機付自転車に分類されるため、通常の自転車とは異なるヘルメットが必要となります。S-EPAC用のヘルメットは、現在の高速ペデレック用ヘルメットの最新規格であるNTA 8776規格に準拠する必要があります。シーメンスは、S-EPAC用ヘルメットの試験を実施するISO17025認定試験所として正式に指定されています。ヘルメットを試験し、認証機関であるKIWAと連携して認証のためのホモロゲーション取得のサポートもしています。

A hand holding a bike handle while riding on a road.

シートベルトの試験と認証

シートベルトの生産適合性試験

シートベルト・メーカーに義務付けられている生産品質チェックのために、UN-R16または同等の規制に準拠したCoP用の動的シートベルト試験プログラムを提供しています。これらの試験プログラムには、シートベルト製造サンプルのコンディショニングとサイクリングが含まれます。

お客様との緊密な協力のもと、時間効率の良い試験プロジェクトを立ち上げ、CoPテストレポートをタイムリーにお届けします。これにより、シートベルト・メーカーは、CoPテストレポートと必須チェックをクリアして、生産計画内にシートベルトを自動車メーカーに納入することができます。

試験中の複数のシートベルト。

シートベルトの認証試験

シーメンスの専用施設では、ラップベルトから3点式ベルトから6点式レースハーネスまで、毎年5,000を超える安全ベルトの試験を実施しています。弊社は、シートベルトの試験と認証の分野で60年以上の経験があります。

公式の型式証明、製造の適合性証明、開発試験を目的とした、UN-R16 (E1およびE4指定) に基づくシートベルト用コンポーネント・レベル試験一式も実施します。シーメンスのISO 17025認定試験所は台湾のVSCC Reg.26-1規格とFIAレース用品基準8853-2016および8854/98にも適合済みです。あらゆる種類のシートベルトの認定試験は社内で実施されます。